天然酵母フランスパン

パンタイトル
オーナーとパン パンを作るのはとっても大好きな仕事です。 そう、観測会で星空の散策をしているのと同じくらい。 前日の仕込みと早起き。 大好きな仕事って、それが自然なリズムなんですね。 オーブンの中でこんがりと焼けたパン。 扉を開けるとパチパチと音をたてているのが聞こえます。 仕上がりを見るために半分だけちぎります。 どうしてもパンを食べるとむなやけするんです。 もどる

天然酵母フランスパンはこんなふうに作ってます。

パンタイトル こんなふうに作ってます 朝食に焼き立てのフランスパンを始めました、専用の小麦粉に天然酵母を使い、ゆっくりと味わい深く発酵させました。  その発酵時間は合計で15時間(グルテンの少ない小麦粉+発酵力の弱い天然酵母)、途中で成形したり、ガス抜きしたり、手のかかることこの上なし。  でも、パン本来の味と香りをご賞味いただけます。お恥ずかしながら、天然酵母を使いはじめるまでイーストの香りをパンの香りと勘違いしていました(オーナー)。  ぜひ、一度ご賞味ください。もちろん、当日のお客様が2名様でもちゃんと作ります。 もどる

焼き立てパンの朝食

パンタイトル 焼き立てパンの朝食

自慢の天然酵母焼き立てフランスパンです。

 空気良し、水良し。後は酵母におまかせして、朝が楽しみです。 パンの仕込みは23時頃に始め、満室時には1時間半くらいかけて6つに分けた3kgの生地を作ります。  朝起きてみると、ステンレスのボールにふっくらした生地が出来ています。  パンの発酵時間が私の睡眠時間です。なんか、ちょっと「かっこいいな」なんて思ったりしています。  6時から出来あった生地を成形して、さらに1時間の発酵。最後に30分ほどじっくりと焼成してお客様にお出ししています。  焼き上がったパンが並んでいる様子は、とても愉快で毎日楽しみです。

→毎日このように作っています →パンは大好きだけど、半分しか食べれません