蕎麦修行その2

そば粉に熱湯を廻し入れます 熱湯に触らないように粉をまぶしてなじませていきます。 丹念にまぶしたら、少々水を入れてまとめてます。 水を調節しながら、丸く固めていきます。 まとまったら100回くらいこねます。 そして綿棒で伸ばします。 切るときのことを考えて、四角く伸ばします。 伸びたらたたんで切ります それだけのことです~ 実際には何とかまとまります 四角く伸ばすのがむつかしい 切れちゃったりもします そしてこま板を使って切るのがひじょうでむつかしいです。 キャベツの千切りのようには行きません。 とりあえず、修行2日目です こんな感じっ ちょっと満足しています カレワラは暖かいそばでいただきました ところで会津の人は温かいそばを食べません みんなざるです ちょっと思ったのですが、10割そばは暖かいそ場に向かない? 天文台のあるペンション カレワラ オーナー蕎麦修行

昨日は五色沼ガーデンファームの蕎麦会でした

今年もそばが出来ましたが... 雨が上がらず気温も低く、種まきがお盆になってしまったのです。 (カレワラは手伝えませんでした) そのために収穫が遅れて、霜が降りてしまったりです。 でも、今年もおいしくいただけました。 今年こそは仲間と一緒に栽培した蕎麦を打ちたいです 天文台のあるペンション カレワラ 五色沼ガーデンファーム蕎麦会

蕎麦祭りに行ってきました_φ(。^)

朝、やまびこさんから電話です。 「国民休暇村で新蕎麦祭りをするから、今から行こうよ」 やまびこさんはカレワラのスノーボードのコーチなのですが、蕎麦修行の仲間でもあります。 ん~ いま遅めの朝食を食べたばかりです。 けっこうお腹いっぱい 「和田(裏磐梯の蕎麦打ち名人)さんの蕎麦が800円で食べ放題だよ」 ん~ 先日の蕎麦修行で粉800gも打って、3日も蕎麦天国のでした。 「和田さんの蕎麦打ちの実演もあるよ」 行ってきました~ 裏磐梯蕎麦名人和田さん 蕎麦祭り 和田さんの蕎麦打ちの実演です 今回は1.2kgを打って見せてくれました。 本当は一度に5kgもうつんだそうです。 和田さんは蕎麦を打ち始めて50年になるそうです。 お蕎麦の道って奥が深そうですね。 天文台のあるペンション カレワラ 和田さんの蕎麦打ち

アイソン彗星☆彡 ナウ(^^)/

昨晩は事務仕事をしていて夜更かししてしまいました。 気が付けば午前3時 窓の外を覗いてみれば、月明かりで白く透明な景色が広がっています。 アイソン彗星タイム でも、ステラナビゲーター(プラネタリウムソフト)で調べてみるとまだ高度が低いです。 しかもだんだんと朝もやに広がっていきます。 なんとか4時半までおきていて、おとめ座のスピカが朝もやの上に見え始めました。 スピカと5cm7倍の双眼鏡で同一視野です。 んっぼんやり たぶんこれではっ よくわからないので、とりあえず外に出て写真に撮ってみました これかな? なんとなく尾があるような☆彡 もうどんどんと昼間が近づいていました。 裏磐梯カレワラ天文台 アイソン彗星
裏磐梯五色沼カレワラ天文台 アイソン彗星

蕎麦打ちの勉強に行ってきました

なんか打てるような、打てないような? 一人ではやっぱり打てないかな? という曖昧さから、本格的に勉強することにしました 新蕎麦の時期に始まり、春までに全8回です。 蕎麦打ち教室に行ってきた
ひととおり手本を見せてもらって、実践です。 粉を広げて熱湯を入れて、なじませていきます。 その後に水を入れ、生地をまとめていきます。 なんとなく、それらしく硬やわらかくまとまりました。 生地を延ばすところは、なんかほとんど先生にやってもらった感じです。 でも、生地はむらも無く良い出来だったそうです 蕎麦うち教室に行ってきた
麺をきるのがむつかしいですね。 喜多方ラーメンになっちゃいます(ふと麺) 切り方を教わってます。 以前はもっとリズミカルに切れたんですが? また、先生に教わっています。 なんとか、完成しました 初めての日だったので講習終了後に、先生が打ったものを試食させていただきました。 蕎麦うち教室に行ってきた
猪苗代の地粉、採れたて挽きたてです。 物凄く美味しい~ お昼ご飯を食べてないこともあって、どんどんと食べちゃいました。 そのうえ、蕎麦湯が濃厚でうまい 蕎麦のポタージュスープです ところで打ちあがった約1kgの蕎麦 どおしよう 人に食べてもらうほど上手には出来てません <十割蕎麦の保存方法> すぐにぼろぼろになっちゃいますよね。 1人前づつ、ラップに包んで冷蔵庫にしまっておくと1~2日くらいは持つそうです。

青い雪だるま星雲(NGC7662)

また勝手に名前をつけてなんて言われそうです。 でも、本当にあるんです。 有名なんですかね? スライドショー用の画像を撮っていたのですが、写せる範囲にメシエの天体があまりないのでステラナビゲータを覗いていました。 (天体の自動導入が出来るプラネタリウムソフト) 候補はほかにあったのですが、「青い雪だるま」に惹かれました。 惑星状星雲、8.6等級で視直径37″です。 リング状星雲(M57)に比べれば、小さいけれどかなり明るかったです。 距離は5000光年ぐらいのところにあるそうです。 撮影中はPCの画面に、なんか写ってるなぁ~位なので眼視で姿を確認しませんでした。 とにかく寒いので、カメラをはずしたくありませんでした (またピントを合わせなくてはなりません) こんど確認してみます。 おもしろそうでしたら、秋の観測会に加えます。 画像をクリックしてみてください。 かわいい名前ですが雪だるまに見えますか 青い雪だるま星雲 カレワラ天文台

アイソン彗星☆彡 ナウ(^^)/

アイソン彗星です☆彡 おやすみなさぁい(-_-)zzz… 追記*慌てて撮ったのでオーガイダーを動かすのを忘れてました 露出や設定、画像処理にいたるまで手探りの状態です~。 それでもとりあえず撮れる! いまどきのオートガイダーやデジカメってすごい アイソン彗星 裏磐梯五色沼カレワラ天文台

裏磐梯紅葉2013

裏磐梯紅葉2013 天文台のあるペンション
先日、やっと天気に恵まれて紅葉を楽しみながら自転車をこいできました。 今年の秋は紅葉が遅い 10日ぐらい遅れているような気がします。 11月3日ごろピークを迎えた様子です。 裏磐梯紅葉2013 天文台のあるペンション
曾原湖に立ち寄り、こうじさんにアルミのボートを借りて紅葉の写真を撮ってきました。 バス釣り用のモーターのスクリューなので音が静かです。 カヌーと同じで、カレワラが近づいても鳥たちは気が付きません あわてて逃げ出す鳥、足が引っ掛ってます 裏磐梯紅葉2013 天文台のあるペンション
裏磐梯紅葉2013 天文台のあるペンション
クリックして大きい画像でご覧ください。 裏磐梯紅葉2013 天文台のあるペンション裏磐梯紅葉2013 天文台のあるペンション
裏磐梯紅葉2013 天文台のあるペンション裏磐梯紅葉2013 天文台のあるペンション
裏磐梯紅葉2013 天文台のあるペンション裏磐梯紅葉2013 天文台のあるペンション
裏磐梯紅葉2013 天文台のあるペンション裏磐梯紅葉2013 天文台のあるペンション
裏磐梯紅葉2013 天文台のあるペンション裏磐梯紅葉2013 天文台のあるペンション