桧原湖をカヌーツーリング

桧原湖でカヌーツーリング

ミズスマシみたい!

カヌーはみずすましみたい! 水面近くの湖水はちょっぴり冷たく気持ちが良いです。パドルをゆっくりと動かすと、カヌーもゆっくりと動き出します。始めはうまく前に進まないし、後ろの人のパドルとぶつかってしまったり。でも、すぐに馴れてきます。さて、カヌーツアーの始まりです。
 めざすのはイカリ潟の入り江っ。磐梯山に向かってカヌーを進めます。
 使用するカヌーはレジャー用に開発されていて、安定していて不安もないし、背もたれに寄りかかりゆったり乗れます。初めても大丈夫、多少ぬれることあってもずぶ濡れになるようなことはありません。(レジャー用といってもカヤックの老舗パーセプションのカヌーです)
 カヌーはボートと違って水面に座っているようなものですから、視線がとても低くミズスマシになったような気分です。普段は経験することの無い風景に出会えます。

おすすめは新緑カヌーツアー

新緑の中をカヌーツアー
 おすすめは5月中旬から6月上旬くらいの新緑の頃です。みずみずしい緑の濃淡が複雑な地形と相まって、とても美しい。晴れた日は紫外線が強いので日焼けには要注意です(新緑の頃に関わらず、日焼け止めや帽子など予防が必要です)。

気分はジャングルクルーズ

カヌーで狭い入り江に入ってみました 入り江に入っていくと両側の岸が狭まり、とうとう行き止まり? 草をかき分ければ何とか進めるかな?
 桧原湖は磐梯山の噴火で出来た堰止湖です。また、噴火で流れ出した土石流のうなりで出来た流山などが点在して、とても複雑な地形になっています。ボートでは入れない小さな入り江や薮になっている場所もカヌーなら入っていけます。まるでジャングルを探検しているみたい。
 静かな入り江を出ると観光船の波が大きなうねりになってやってきます。波はカヌーを垂直に向けて乗り越えると安定しています。波を乗り越えるたびにダッブンダッブンと水しぶきがあがり冒険気分も盛り上がります。

バーベキューとは、ちょっと違う ダッチオーブンランチ

カヌーの後はダッチオーブンランチ イカリ潟からの帰り道は少々向かい風です。のんびりと漕いでいるようで、体力を使っているのかもしれません。おなかが空いてきます。スクールに帰ればランチが準備されています。
<ワイルドなランチ>
 お昼はワイルドなダッチオーブン料理。生野菜をのせたお皿を持ってダッチオーブンからお料理をのせてもらいます。メニューはポテトにチキン、こんがりとあめ色に色づいていておいしいそうです。
 ダッチオーブンのなべの上にも炭をのせて、上からと下からと1時間くらい炭火にあてておくそうです。蓋を開けると煙の中にお料理が見えてきます。
 お味はほんのりスパイシー、チキンの皮がパリパリしています。ポテトも皮ごと食べてしまいました。
  ランチにはミネラルウォーターとパンも付いています。 
カヌーインストラクターがランチを用意してくれます
 ランチを食べながら、おしゃべりが弾みます。森のこと、湖のこと、いっぱい知ることが出来ます。花を眺め、魚や鳥達にまじかで出会えたりします。なかなか上手く前に進まず困ってみたり、遊覧船の波にびっくりしたり、楽しい思い出をたくさん作ることが出来ます。
 裏磐梯のカヌーツアーはいかがですか。


もっと、くわしく

カヌースクールの講習会について

カヌースクールと言っても  スクールと言ってもカヌーは安定していますし、とにかくパドルで水をかけばよいのです。

Read more ...

桧原湖でカヌーツアーを体験!(アルバイトさんの感想文)

カヌーしてみた!  夏休み期間でも8月初旬や下旬にはお客様のいない日があるものです。そんな日にアルバイトさんを

Read more ...

桧原湖でカヌーツアーを体験2(アルバイトさんの感想文)

カヌーツーリングしてみた2  アルバイトさんたちはこのような体験をすると、後でブログを書かなくてはいけない!と

Read more ...