カレワラ天文台

大きな天体望遠鏡で夜空の散策をしましょう。

コンピューター制御の大きな望遠鏡

天文台タカハシ製作所ミューロン300
(タカハシ製作所ミューロン300CR EM500m)   カレワラ天文台メインの望遠鏡は30cmカセグレン望遠鏡です。人の目とくらべると1800倍もの光を集めることが出来ます。
  淡い光を放つ星雲や星団はとっても神秘的です。月のクレーターは大迫力っ。季節によっては、土星のわっかや木星のシマシマも見ることも出来ます。
  天体観測会は空が暗くなった8時半過ぎより1時間くらいです。望遠鏡をのぞいていただくことを中心に、星座や天体のお話をさせていいただいてます。

天体観測会の人気者

人気のある天体の画像 木星 – 木星も迫力があって人気があります。大赤斑はこの写真でもわかるようにあまり良くみえません。ガリレオが見つけた四つの衛星もお見逃しな
土星 – 大人になぜか一番人気、ワッカがあるの不思議ですねっ。くっきりと見えるわっかに皆様の印象は「えっ、うそでしょ! なんか騙してる?」。いえ、騙してなんかいません。
  球状星団(M13) – ちっちゃな宝石をいっぱいちりばめたようなとっても綺麗な天体です。写真で見るよりもっともっと綺麗です。一番迫力があり美しい天体です。
クレーター – 一番の人気は、やっぱるお月様です。「ええっ、どこをみてるの?」、お子さん達は目も口も、まん丸くなっています。とにかくものすごい迫力です。

夏の天体観測会    春の天体観測会