裏磐梯五色沼スノーシュートレッキング

スノーシューで五色沼を散策

スノーシューを手軽に楽しみましょう

裏磐梯毘沙門沼をスノーシュートレッキング

冬の五色沼をスノーシュートレッキングの様子

 はじめは毘沙門沼を歩いてみるといいかもしれません。磐梯山がとてもきれいに眺められますし、沼の近くを歩いていれば、迷うこともありません。
 天気がよければすこし森の中に踏み込んでみても面白いです。ただし、毘沙門沼の周りは磐梯山が噴火した際に吐き出された岩がとても多く、角が鋭角に尖っていますから十分に気をつけましょう。
 よく見かける毘沙門沼はお土産やさんの辺りから撮られた写真が有名です。エメラルドグリーンの沼にボートが浮かんでいて、背景は磐梯山です。実際にはさらに奥が深く、また森に入ってみると小さな沼がたくさんあります。

スノーシューで行く森の中は探検気分!


スノーシューで出かけると見慣れない風景が 冬の裏難題毘沙門沼 デコ平湿原の春は雪解けとともに水芭蕉の開花から始まります。そして6月にはいる頃にはリュウキンカやマイヅルソウなど花を付け始めます。
 なんといってもデコ平湿原の魅力はコバイケイソウやワタスゲの群生です。例年ですと五月の中旬ごろから見頃をむかえます。
 グランデコパノラマゴンドラに乗って標高1300mの湿原へ空中散歩、普段は下から目をこらしてみいているトチノキやホウノキの花などの木の花を上から眺められるのも見ものです。
 デコ平湿原に行くには、グランデコスノーリゾートのパノラマゴンドラを利用するのが便利です。また、ゴンドラからの景観も素敵です。秋には紅葉を楽しむお客さんでにぎわいます。オフシーズンは運行日に注意してください。点検等で運休の日があります。

スノーシューで五色沼をめぐる


冬の毘沙門の神秘的な風景氷結した部沙門馬と磐梯山 春の雄国沼トレッキングは花がいっぱいです。桧原湖雄子沢口から雄国沼に向かうと谷あいの緑に包まれたトレッキングコースにはマイズルソウやエンレイソウ、色のない花ギンリョウソウなどがたくさん咲いています。
 谷あいの深い森を抜けると外輪山に囲まれたカルデラ湖の雄国沼に到着です。連なる山々にはレンゲツツジやタニウツギが賑やかに咲いています。そして、雄国沼自然観察歩道に出るとコバイケイソウやヒオウギアヤメが目に入ってきます。
 でも、雄国沼といえばやっぱりニッコウキスゲです。
 いちめんのニッコウキスゲが折り重なるように咲いています。季節は通年であれば6月下旬ごろから7月上旬です。見頃は7月初旬です。広さでは尾瀬沼にかないませんが密生度では雄国沼のほうが見事だそうです。
 ところでニッコウキスゲに目を奪われ足元の花を忘れがちになります。かわいらしいトキソウやサワランもたくさん咲いています。ホロムイイチゴは雄国沼が南限になるそうです。

スノーシュー関連リンク(サイト内)

磐梯山をスノーシュートレッキング
裏磐梯日記「スノーシューで裏磐梯を歩こう」