磐梯山をスノーシュートレッキング


磐梯山火口をスノーシューで歩こう

黄色い氷結した滝 イエローフォール


冬の磐梯山」火口の様子磐梯山銅沼(あかぬま)

イエローフォールの様子
  画像は磐梯山河口付近の氷の滝です。黄色い色からイエローホールと呼ばれています。磐梯山火口のスノーシュートレッキングは、裏磐梯スキー場から始まりイエローホールをめざすのが一般的です。
 途中は銅沼と呼ばれる赤い大きな沼を横断し、温泉宿後の水蒸気の煙を見ながら歩いていきます。
 モノトーンの巨大な火口壁を見渡すと、雄大な気持ちになります。でも、時々小さな雪崩が見えたりしてちょっとスリリン。
 ちょっとした斜面を右へ左へぶらぶらとしながら登ると大きな雪原に出ます。その雪原を越えるとイエローホールが見えてきます。

 イエローホールの辺りに夏に出かけると、こんなに大きな滝を見つけることは出来ません。たぶん、滝といえるほどにはならない小さな水の流れが、少しずつ凍って大きく広がっていくんだと思います。
 近づいてみるとけっこう大きいです。折り重なる氷の柱がきれいです。周りの壁も凍りに覆われていて不思議な感じがします。


森の中をスノーシューで歩く。

裏磐梯スキー場に帰ってきました  裏磐梯スキー場はスノーシューを手に持ってリフトに乗ることが出来ます。荷物を背中に背負って乗ると体が前に押し出されて怖いです。前に荷物を抱えたほうがいいかもしれません。帰りのリフトも搭乗可能です。
 でも、イエローホールに向かうコースはいくつかあり、裏磐梯スキー場の左側の森の中を歩いていくのがポピュラーです。カレワラでは行きにリフト使ってイエローホールにむかい、帰りは森の中を通って裏磐梯スキー場の駐車場に戻っています。
 以前、テレマークスキーで出かけたときは森を抜けてスキー場を滑って降りてきました。
磐梯山火口の森の様子  イエローホールから森に入っていくと、いくつものシュプールやスノーシューの足跡があります。自分の場所を確認しながら、大岩を目指します。夏にはつるや雑草でとても歩けないところですが、雪に隠れてどこへでもいけそうです。それだけにどこを歩いているかわからなくなります。
 森の中に入ると足跡があれば不安もありません。雪の降った後だったり、霧に囲まれてしまうと急に心細くなってきます。初めてクロスカントリースキーで火口に出かけたときは、森の中で迷いに迷ってやっとの思いでスキー場に出た覚えがあります。疲れていてゲレンデを滑ることも出来ず、ゲレンデの脇をへとへとになって歩きました。
 ちなみに火口の中でも「au」が使えました。携帯電話を現在地をあてにするのは少々不安ですが、それなりに目安の場所を示していました。


スノーシューをはじめたい方に

裏磐梯スノーシュートレッキング

みんなでスノーシュートレッキングの様子
  スノーシュートレッキングのガイド付きツアーがあります。スノーシューはレンタルできますので、スキーウエアの上下・手袋・帽子があれば参加できます。雪で静寂した真っ白な森を散策しましょう。歩きながら野鳥の観察することもできます。葉っぱをつけていない木々は夏と違って、鳥たちを隠すことがありません。動物たちの足跡を見つけることもあります。
 詳しくはお問い合わせください。
*雪遊び半日コース 4000円
*ランチ付きコース 5250円~
(別途保険250円 小学生は-1000円)

スノーシュー関連リンク(サイト内)

磐梯山をスノーシュートレッキング
裏磐梯日記「スノーシューで裏磐梯を歩こう」