裏磐梯新名所「なごみの水(手打ちうどんやさん)」

五色沼は昨夜も降りました~
昨日のうちに路地だけでも、除雪しておいてよかったです。
そして、今日もめどくさい性分で除雪をしまくりました。
雪を抱えて捨てに行く(ホイールローダーが…)
雪を抱えて捨てに行く(ホイールローダーが…)
雪を抱えて捨てに行く(ホイールローダーが…)
単純で同じことの繰り返しです。
なにが楽しくて、路地を行き来しているのか?
昨日を含めれば、6時間も往復しています(-_-;)

でも、雪に埋もれた路地に道が出来てくるんです!
僕の前に道はない僕の後ろに道は出来る(^o^)v
人生なんて、そんなもんですかね?

本題です!
裏磐梯の新名所「なごみの水(手打ちうどんやさん)」
裏磐梯「なごみの水」
うどん屋さんなんですが旧しらかばペンションさんです。
そのしらかばペンションの松田さんとお食事処を経営していた阿部さんが始めたうどん屋さんです。
どちらも交通安全協会の裏磐梯地区役員の先輩です。

なぜ?
うどん?
何度か質問したのですが明確な答えが返ってきませんw

松田さんの娘さんがスローフードの研究家でテレビにも出演されるそうで、地方局でうどん屋さんが紹介されていました。
なので、スローフードな感じです。

先日まで補修工事をしていた設備やさんと食べてきました!

話が長くなるので、2日目に食べたすき焼きうどん(松田さんの杵つき餅入り)。

うどんはつるりとしていて、コシもあり本格的です。
いや、本格的なうどんを初めて食べたかも、麺のつるり感と食感が絶妙です。

牛肉の香りのする汁もイイです!
この辺りは阿部さんの得意とするところです。

でっ、餅が美味しい~☆
汁に溶けてしまうわけでなく、汁にうまくなじんで、口の中に入ってきます。
餅が口の中でトロ~と広がって、上述の汁の味と香りを楽しめます(^▽^)

ぜったい、おすすめ!
五色沼から車で10分弱です。

この季節なのでお客さんは地元の人しかいんませんw
みんな知った顔ですww
土日祝日水曜日の営業、年末年始と特定日を除いて冬も営業するそうです。
営業時間は15時くらいまで、3kgのうどんが無くなったら終了です。

ちなみに餅の入っていないすき焼きうどんは950円でした。
「技術を持った人が年金をもらいながら、のんびりと飲食店をやっている。」
意味わかりますか?
安くておいしんです(^▽^)

1日目に食べた南極カレーシリーズは、後ほど日記しますw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です