青い雪だるま星雲(NGC7662)

また勝手に名前をつけてなんて言われそうです。
でも、本当にあるんです。
有名なんですかね?
スライドショー用の画像を撮っていたのですが、写せる範囲にメシエの天体があまりないのでステラナビゲータを覗いていました。
(天体の自動導入が出来るプラネタリウムソフト)
候補はほかにあったのですが、「青い雪だるま」に惹かれました。
惑星状星雲、8.6等級で視直径37″です。
リング状星雲(M57)に比べれば、小さいけれどかなり明るかったです。
距離は5000光年ぐらいのところにあるそうです。
撮影中はPCの画面に、なんか写ってるなぁ~位なので眼視で姿を確認しませんでした。
とにかく寒いので、カメラをはずしたくありませんでした
(またピントを合わせなくてはなりません)
こんど確認してみます。
おもしろそうでしたら、秋の観測会に加えます。
画像をクリックしてみてください。
かわいい名前ですが雪だるまに見えますか
青い雪だるま星雲 カレワラ天文台

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です