道の駅あいづ 湯川・会津坂下

紅葉の磐梯山
スケボーの帰りに道の駅「あいづ 湯川・会津坂下」に寄ってきました。
裏磐梯からは、約1時間ほどのところにあります。
道の駅「あいづ 湯川・会津坂下」
道の駅に入ると右がフードコードコーナーでケーキ屋やら、お土産品やらを売っていました。
奥がお野菜レストランです。
やっぱりサラダバーが気になりました。
慣れないスケボーの後でなかったら、ランチはサラダバーだけで済みそうです☆
左は物産コーナーになっていて、野菜がたくさん並んでいました。
道の駅定番のおこわのお弁当もあります。
旅行中だと、おこわを必ず買うんですが、一時間も走れば家に着きますし。
桜焼肉定食でお腹がいっぱいでしたw
金曜日の午後だというのに、駐車場がいっぱいです(・・;)
止められないほどではないんですけれど…
福島県会津産ラフランス
でも、福島を除く東北5県の道の駅は平日に限らず賑わているところが多いです。
時にとっては秋田あたりの道の駅で週末の野菜の仕入れをしていましたw
福島県の道の駅の農産物は高いイメージがありました。
地元は高い野菜を買わないですよね。
福島を除く東北5県の道の駅は、地元の人で賑わっていました。
最近は変わってきたようで、四ツ倉の道の駅はやはり地元で賑わっていました。
川東の道の駅は、ちょっと微妙ですが、魅力的な価格のお野菜を見かけることがあります。
猪苗代の道の駅は、わりと観光の人を含めて賑わっています。
お野菜もそれなりです。
なんか、長ネギが安くて元気な印象があるので、カレワラ長ネギだけ買いに行きますw
だんだんと福島県の道の駅も変わってきました。
あっ裏磐梯の道の駅です。
高いけれど春のアスパラはおすすめです。
こごみなんかも安いです。
あとは微妙w
美味しいのは間違いないけれど、地元としては高い印象がありました。
ところが裏磐梯の道の駅は、生産者さんのところに商品を取りに行っているそうです。
峠で隔てられた北塩原村特有の事情でしょうか?
レストランの手打ち天ざる(1200円)とか魅力的ですね。
メニューのどれを見ても、福島のドライブインらしく、盛が良くて低価格です。
ところで道の駅「あいづ 湯川・会津坂下」のお土産はラフランス。
試食価格と書いてありました。
ちっちゃいラフランスがいっぱい入って280円です。
この時期、山形の道の駅やJAに行くと、傷もののラフランスが1個100円(4つ入って350円とか)弱です。
ちっちゃけれど6個も入って、小さいリンゴのおまけ付きで見た目にファンシーで好感が持てます。
さっそく食べましたw
もう少し熟れていたほうが美味しかな~
ラフランス特有のしっとり感が少なかったです。
でもラフランス美味しいです(^▽^)
道の駅「あいづ 湯川・会津坂下」 ラフランス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です