天体写真②「夏の天体」

なんと言っても、三裂星雲が撮りたかった!
と思うのです。
観測会定番のオメガ星雲とか。
まだまだ、観測会の時刻では半分くらい夏の星座です。
天気が悪いか、お客様がいらっしゃるか、のどちらかの3ヶ月でした。
(ちなみに一人で写真を撮っているより、お客様と観測会をしているほうがたのしいです。)
そうだ!日没が早くなってきたので、ひょっとしたら三裂星雲も撮れるかもしれません
9月17日に撮影したM57、こと座のリング状星雲です。
月齢は12日です。
夜空は明るいです。
星もまばら、森が月の光を浴びて白く光っていました。
FS102に取り付けられたオートガイダーを使ったことが無かったので試運転のつもりです。
でも、空気が澄んでいるのか意外と写るものでした。
リング状星雲M57 カレワラ天文台
こぎつね座のM27アレイ状星雲は、さらに月に近くてあきらめました。
設定が悪いのか、空が明るすぎるのか、オートガイダーが変な動きをします。
昨夜撮影したアレイ状星雲です。
アレイ状星雲M27 カレワラ天文台
Canon EOS Kiss Digital X 露出時間は10分ワンショットです。
まだ新しいシステムに慣れていないのですが、そこそこ撮れています。
このレベルではカレワラが撮影しているわけではなく、高橋製作所さんとダイイチさんの技術力です。
天体写真から十数年も遠ざかっていたので、まったくの初心者です。
でも、ここまで撮らせます。
東の空に沈み始めた24日のヘラクレス座M13球状星団です。
やっぱり肉眼で見たほうが美しい。
写真が始まると望遠鏡を覗かなくなります。
夏の星座とともに西に沈んでしまうので、今年はM13を見ることが出来なくなります。
最後に見ておけばよかった。と画像をチェックしながら後悔しました。
M13球状星団 カレワラ天文台

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です