メシエ天体撮像2点(くじら座M77銀河、ウルトラのふるさとM78星雲)

午後6時を過ぎるとすっかりと夜になってしまいますね
夜が早くなった分、まだ西の空には夏の大三角形が見えてます。
頭上付近には白鳥座のデネブです。
まだ半分は夏の空ですね。
ただ天体観測会が始まる9時ごろになると東の空にはプレアデス星団を見ることができます
少し下には牡牛の顔の部分ヒアデス星団も見つけることができます
ぎょしゃ座のカペラが昇り始めると、どんどんと寒くなっていくのですが、もう40度くらいの高さまで昇っています。
頭上はちょうどアンドロメダ銀河です
ご飯を食べたりして、天体写真はこのあたりの時間から始めています。
11時ごろになると牡牛座のM1カニ星雲もずいぶん高いところまで昇って来ます。
カレワラには難易度が高いのですが、くじら座のM77も屋根の上です。
明るいけど小さい
ちょっと撮影してみました~
天文台のあるペンション カレワラ M77銀河
こんな感じ(μ-300+EOSKissx6i)
深夜1時ごろになるとホントに寒いです。
ぎょしゃ座のカペラも天頂付近まで昇ってきています。
オリオン座も南の空高く、秋の空と違って冬の空は明るい星も多くにぎやかになってきています。
先日(10/22日記)のウルトラの故郷M78星雲をまた撮影してみました。
今度は暗黒帯と言われるガスや塵の濃いところが写っていて少し迫力が出てきました。
朝も遅くなっています。
ちょっとしたトラブルもあり、 M78は4時頃まで撮影していました
逆にオリオン座も西の空に沈み始めています
日の出まであと2時間、天体写真って生活のリズムが狂います
天文台のあるペンション カレワラ M78星雲
こんな感じ(μ-300+EOSKissx6i)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です