会津新撰組最後の地「如来堂」

04-10-14_16-28.jpeg 庄内藩へ援助を求めに行った土方歳三と別れ、斎藤一を長とする会津新撰組がここに陣をはり、西軍に攻め込まれ敗れた場所。 全滅かと思われていたが、またまた改名(山口)していた為に逃げていた事が分からなかったらしい。 この後、現青森・むつ市にあった斗南藩で旧会津藩士たちと過ごし、容保からもらった名前「藤田五郎」に改名し東京に行ったそうです。

会津「鶴ヶ城」

04-10-14_15-20.jpg「ここが容保のお家かぁ~」なんて思ったり… いま『会と誠』というタイトルで会津藩と新撰組の関わりを中心にした展示をしてます。 他に常設展示も楽しいです。食文化や殿の一日とか、着物を着て写真を撮れたり。 インパクトがあったのは「日新館」の”戎の掟” 地元の子供達が朗読してます、その最後の一文。 【ならぬことはならぬものです】 6才から9才くらいの子が入学時に覚えるそうです。 武士道に沿って、制度も教育方針もすばらしい学校だったというのはうなずけます。

白虎隊出陣の場所「滝沢本陣」

戊辰戦争のときにはココが本陣となって、容保に見送られ白虎隊が出陣した場所です。 新撰組の土方歳三もココに立ち寄っているそうです。 要所なので豪華でデカイのかと思っていたら、こぢんまりしてました。でも雪国、建物も屋根も立派でした。 屋内には生活道具、ゆかりの品々、それにたくさんの戊辰戦争のときの弾痕痕。殿御用達の厠も見られます。 何より、ナレーションがグッ!(* ̄∇ ̄)ъ たぶん管理されてるお家の方のお手製テープで何とも味がある。読んでる合間に紙をペラッとめくる音が入ってます。

飯盛山「さざえ堂」

041014_1149~0001.jpg 昇りと下りと別の坂道を通って裏に出てくる即席の巡礼観音堂だそうです。 280年前に作られたそうです。 世界で唯一の構造だそうで天才的だと書いてましたよ。 ホント、そのまま”さざえ”みたいに見えます。 くわしくは…会津さざえ堂公式HPhttp://www.sazaedo.com

会津・白虎隊自刃の地「飯盛山」

041014_1103~0001.jpg今日はバイトさん達と、引き続き若松へやってきました。 まずは「飯盛山」。 直接、新撰組とは関係ありませんが、出陣の時に土方歳三が激励したりしたそうですよ。 階段を上って、山の中腹に行きます。 右に見えるのは飯盛山エスカレーターです。 「歩いたら本当に大変でごさいます…」とアナウンスが流れています。 かなり強調してますよ、ちょっと押し売り気味? 若いとそんなことはありませんよぉ~!(強がり??)