裏磐梯日記

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

ゲストハウスのような二段ベット相部屋

ゲストハウスのような二段ベット部屋

相部屋二段ベット
大工さんが作りつけた丈夫な遮光カーテン付き畳の敷きの二段ベット

バックパッカーなバイトさんたち(女性)の意見を取り入れました。なので女性のご利用が多いです。
共有スペースもですが、なんか「かわいい!」そうです?
バイトさんたちはお客さんのいないときに、枕とシーツをもって二段ベットに潜り込んでます(-_-;)

私としても、自分の寝息が隣の人に聞こえてしまう、隣の人の寝息が聞こえる。はあまり好ましくないかな?
まぁ、お酒でも飲んで寝れば道の駅でもなんでも、ゆっくり眠れるんですがw
そんなことで、最低限のプライベートが守れるカーテン付きの二段ベットにしました。
ゲストハウスでも作り付けのカーテン付きの二段ベットも多いと聞きました。
なんか、自分も寝てみてカプセルホテルみたいだな。と思いました1
カプセルホテルに泊まったことはありませんが...

商工会の青年部のころからお世話になっている大先輩の富田建築さんに作ってもらいました。
親方級の富田さんの仲間の大工さんと、機転が利き引き出しが多いルーキー(と言ってもニカボッカに笑顔が似合うが似合う二児のお父さん)富田さんの左腕を加えて、みんなで腕によりをかけて作ってもらいました。
にもかかわらず、工賃を安く値引いてもらったのですが...
こだわりの建材が高い!
共有スペースを含めて、軽く1本を超えてしまいましたー('◇')ゞ

共有スペース

畳はなごみの水で調理を担当している阿部さんにお願いしました。
もと「るるぶ」に 掲載される 行列ができる飲食店の経営者です!
畳??
今年はホイールローダーのパンクトラブルで何度も除雪もお願いしました!
除雪??
阿部さんは、なんでも職人です。
ちなみに建築会社社長の富田さんは、奥さんと野菜も栽培して出荷しています('◇')ゞ
富田さんの作ったお米をペンションで出せないか!検討中です(輸送の問題)。

話はそれてしまいましたが、そんな人たちが精魂をお込めて作ってくれた二段ベット相部屋です。
お客様に喜んでもらえると良いのですが...
今のところ好評です。
まだ作り立てなので、木の香り、畳の香りがします。

料金はゲストハウスに比べると少々高めの、一泊素泊りの場合で税込み4320円です。
小さな窓からの景色は期待しないでください。
でも、吾妻連峰やグランデコスキー場を見ることが出来ます。
スノーボードやスキーの検定の前には士気が上がりますw

ゲストハウスのような二段ベット

部屋の照明が暗いので、相部屋については2食付きでも共有スペースをご利用いただけます。
(ベット内には読書灯が用意されています)
同室の方との旅の情報交換などにご利用ください。

皆様のご利用をお待ちしていますo(^^o)

多目的に使えるスタンドライト付きの机

数千万光年のかなたの銀河を見よう!<春の天体観測会2019>

今年のゴールデンウィークは新月です。
5日が新月なので、ゴールデンウィーク中は下弦の月になりますので、月の光に邪魔されずに観測会ができます。
春の観測会は「はるか彼方の銀河を見よう!」です。
ソンブレロ銀河(M104)や子持ち銀河(M51)など、数千万光年離れた銀河を目にしてみましょう。

もちろん、月が出ていませんので、ド迫力のクレーターをご覧いただけません。

光のスピード

天体までの距離を○○光年と言う単位で表現しますが、光年とは光が一年間に進む距離です。
太陽と同じ恒星で一番近い星がアルファケンタウリですが、4光年離れているどうです。
1光年(約9.5兆キロ)x4離れています。
光と同じスピードのワープ1の宇宙船で、アルファケンタウリまで4年かかります。

わたしたちが住んでいる2000億の星の渦の銀河系の直径が10万光年です。
銀河系の横断するのに、ワープ1の宇宙船で10万年かかります。

銀河

直径10万光年の銀河系の隣の銀河は、秋の天体観測会で肉眼で探すアンドロメダ銀河です。
なんと230万光年(^^ゞ
光でもアンドロメダ銀河に届くまで、230万年かかります。

夏の天体観測会でご覧いただく散光星雲や惑星状星雲は、銀河系の中にあり明るく見える天体ですからせいぜい数千光年、球状星団は銀河系の周りにあって数万光年です。
銀河ははるかに遠い!

230万光年のアンドロメダ銀河、誰でもいることが出来る一番遠いものです。

春の天体観測会のメインは、ソンブレロ銀河と子持ち銀河です。

ソンブレロ銀河

ソンブレロ(帽子)に似ているので、ソンブレロ銀河と呼ばれるそうです。
似てますかね?

距離は諸説ありますが約5000万光年です。
カレワラの観測会では、いちばんに遠いい天体です。
光のスピードでソンブレロ銀河に到着するまで、5000万年もかかります。

??ですね。

もっとわかりやすく言うと

今日ソンブレロ銀河から地球を見ると、5000万年前の地球の姿が見えていることになります。

5000万年前...

インド亜大陸がプレートの移動でユーラシア大陸に衝突したころです。
インド亜大陸とユーラシア大陸に挟まれた海底が隆起してヒマラヤが出来ました。
今日、ソンブレロから地球を見ると世界最高峰のヒマラヤはまだ無い、もしくはヒマラヤ高原??です。

ソンブレロ銀河 (カレワラ天文台)

観測会で銀河はどのように見るの?

集効力1800倍の30cmの望遠鏡を使っても、とても淡いものです。
なので、距離について前置きが長かったのです(^^ゞ

でも、ソンブレロ銀河は真ん中が膨らんだ銀河を横から見た様子がわかります。観測ガイドブックなどに紹介されているような陰険な目のような姿。

子持ち銀河は条件が良ければ、銀河を上から見た様子の渦巻き状から腕が伸びて、隣(子供の方、でもこちらのほうが重い)に向かってぼんやりと腕が伸びている様子がわかります。

前置き通り、数千万光年のかなたの光です。

【 素泊り 平日限定】 猫魔スキー場 春のリフト券付きプラン 5900円

星のリゾート 猫魔モンスターパークです

3月1日から毎日営業、3月3日にはモンスターパークが帰ってきました!
これからの季節は猫魔です。
(本当は極寒の1月下旬から2月中旬が最高ですw)

猫魔スキー場1日券(窓口)4000円のリフト券がついて
素泊まり1室を3人でご利用いただいて、お一人様5900円(税込み)
素泊まり1室を2人でご利用いただいて、お一人様6400円 (税込み)
*2日券付はプラス2500円です
お電話でご予約ください。

ちなみに猫魔スキー場のWEB割引チケットは~10日が3300円、9日~当日が3800円とお得です。
詳しくは猫魔スキー場ホームページをご覧ください。

3月10日の裏磐梯猫魔スキー場です。雪っあります。

3月10日の猫魔スキー場です。雪あります。
猫魔丸山ゲレンデです。猫魔バーン最高だったようです!
丸山ゲレンデです。猫魔バーン最高だったようです!
星のリゾート 猫魔モンスターパークです

星野リゾート 猫魔モンスターパークですo(^^o)

アウトドアイベントわかさぎ釣り<星空案内人の会ルオンノタル>

桧原湖わかさぎ釣り

桧原湖わかさぎ釣り
桧原湖でワカサギ釣りに挑戦してきました!

星空案内人の会ルオンノタルアウトドアイベント2日目です。
桧原湖「森のうたさん」でわかさぎ釣りに挑戦してきました!
わたしを除く4人は初めてです。

裏磐梯の冬と言えば、わかさぎ釣りにスノーシュートレッキングです。
やはり去年の冬から計画していました。
釣れるかどうかが心配でしたが、結果を先に話してしまうと飽きない程度に釣れましたo(^^o)

ちなみに料金は手ぶらで半日コース(AM7:30~12:00 PM12:00~16:00)
2人で小屋を利用して4000円
3人で利用して3500円
4人以上で利用して3000円
別途ひとりあたり700円の 入漁料が 必要です。

桧原湖森のうた松崎さんの親切指導
松崎さんの親切指導

トントン、トントンと竿を上下します。
わかさぎの興味をしきます。
ツンツンと竿先がぴくぴく揺れると、仕掛についたわかさぎがエサを食べてます。

いっきに引く!

引くスピードも遅くても、早くてもワカサギは逃げちゃいます。

エサも大きすぎては食いつけません。
わかさぎのお口サイズにエサのサシ(虫)を鋏で切ります。

15分もすると、エサがふやけてしまって美味しい香りを出さなくなってしまうので、
新しいエサに代えてやります。

松崎さんの親切指導付きです!

あたたかいワカサギ小屋
あたたかいワカサギ小屋

わかさぎ釣りは早い時間が良いそうなので、ゆっくりと朝食を食べている時間はありません。
セブンで朝食を購入!
ストーブにやかんがのっているので、カップ麺くらいは食べられます。

貸し切りのプライベート小屋なので、おにぎりをほおばり雑談を交えて仲間内で仲良く過ごせました。

今回は初めてなので午前でお願いしたのですが、十二分に楽しめました!

桧原湖わかさぎ釣り釣果
5人で2時間、おつまみになりますo(^^o)

今日のわかさぎ釣りの釣果です。
意外とたくさん釣れました!

ワカサギ小屋までスノーモービルで送迎

星空案内人の会「ルオンノタル」スノーシューイベント

毘沙門沼で記念撮影(裏磐梯五色沼)

第二回星空案内人イベント.
毘沙門沼(福島県五色沼)でスノーシューイベント

<福島星空案内人の会 ルオンノタル アウトドアイベント>
去年の冬から計画していたスノーシューイベントを行いました!
星のきれいなところには、楽しいことがいっぱいのアウトドアフィールドです。
星ばかりでなく、たまにはアウトドアで遊ぼうよ!
みたいな発想ですww

午前中に集合したルオンノタルメンバー、まずは「なごみの水」で南極越冬隊カレーうどんを食べてきました!
雪原の冒険に向けて士気が上がりますo(^^o)
スノーシューを持っていない人もいるので、裏磐梯ビジターセンターでレンタルしました。(4時間1500円)

裏磐梯なごみの水「南極越冬カレーうどん」

毘沙門までの道はしっかりとトレースされていて、スノーシューズでも歩けるほどです。
観光のお客様はふつうの靴で歩いている人も見かけます。

毘沙門沼で記念撮影(裏磐梯五色沼)
毘沙門沼展望に到着!

鈴木さん「せっかく、スノーシューを付けているんだから、新雪を歩きましょう!」
マダムまで新雪をズンズン進みます。
あっこけた!
初めての人も、みんなチャレンジャーです。
新雪をズンズン進みます!

マダム、キクチさん、サキちゃん、はるちゃんは初めての体験です。
とくにマダムは浜通りの方なので、会津地方の雪の多さに驚いています。

毘沙門沼の展望で記念写真を撮って、おなじみの展望台に向かいました。

鈴木さんが小高い丘を登ったり、お尻で滑り降りてきたりしていました。
遊び心まんてん!
みんなそれに続きますw

とにかく、みんなで楽しかったo(^^o)

そういえば、わたしの場合のスノーシューは移動の手段で遊び道具ではなかったようです(^^ゞ
毘沙門沼の撮影しようとか、イエローホールを見ておこうとか、ホームタンクに石油を入れに行くとか、
雪の上を楽に歩く道具。
そうだ!
スノーシューは遊び道具だったんだ!と勉強になりました。
星空案内人の仲間に感謝です。