磐梯山に登ってきました。

今日もいい天気です。
雄国沼の様子が良かったので、花の季節に出遅れていますが磐梯山が気になります。
土曜日なんですが、お客様もありませんでしたので登ってきました。
s-IMG_3988
駐車場は、すごい混雑です。
猪苗代側にできた駐車場も満車、檜原湖側に2kmぐらいの駐車場に誘導されていました。
9時30分ごろについて、駐車場内でUターンしていたら、帰る車があり止めることができました。
s-IMG_3986
真ん中あたりの緑色の四角いもの。
踏んづけてはいけません!
きれいに折りたたまれた葉っぱの中に、昆虫の卵が一つだけ入っています。
「オトシブミ」です。
卵を守るために、小さな体で大きな葉っぱを折りたたんでいきます。
”オトシブミ”で検索すると、ユーチューブなどで折りたたんでいる様子が早送りで見られます。
おもしろいです!
あたりを見回すと、たくさん落ちてます(八方台~中の湯)。
s-IMG_3992s-IMG_4009
磐梯山の花の時期は終わり始めていました。
少しだけマイヅルソウやミヤマキンバイが咲いていましたが、
ミツガシワやイワカガミは枯れていました(-_-;)
s-IMG_7139
(花の季節にはミヤマキンバイで黄色く染まるお花畑)
ハクサンチドリです(弘法清水~山頂)。
ずいぶんと元気です。
s-IMG_7105
お目当てのバンダイクワガタ!
クワガタ草の亜種で、磐梯山の固有種です。
またいつもどおり、山に登りながらおしゃべりをしていたのですが、その方もバンダイクワガタを見に来たそうです。
山頂でも、バンダイクワガタの話題が出ています。
いつのまに有名になったのでしょう。
良かった!
まだ咲いていました(o^。^o)
s-IMG_7120
山頂から猪苗代湖を見た様子です。
午後になるとかすんで写真に撮ると、よく解らなくなってしますんですが、今日はコントラストがいいです。
s-IMG_7115
わかりますか?
これは月山が写っています(中の湯~火口壁)。
sIMG_7104
こちらは真ん中にカレワラが写っていますw
(弘法清水)
sIMG_7127
今日は頂上でお弁当を食べると、少しおしゃべりをして、すぐ下山でした。
暑かったんです(^^;)
他の方たちも、うなだれていました。
「ここまで来たのに…(暑い)」なんて嘆いていらっしゃいましたw
弘法清水も賑やかでした(*^_^*)
s-IMG_4003

6月10日の磐梯山の花

053
花の盛りです。
イワカガミが盛り、マイヅルソウはどんどんと咲き始めています。
ヅタヤクシュなんかも、いっぱい咲いていました。
桜、ムラサキヤシオは終わっています。
かわりにレンゲツツジが急傾斜な磐梯山の火口斜面で赤く輝いていました。
(レンゲツツジは雄国もいいかもしれません)
バンダイクワガタはまだです。
八方代から登る途中、休憩できるよな見晴らしのいい場所があるのですが、そこに咲いてます。
ミツガシワは終わり始めてました。
磐梯山の花「見頃」
イワカガミにマイヅルソウ、ツマトリソウやらいろいろと咲いています。
マイヅルソウ
磐梯山の花「マイヅルソウ」磐梯山の花「マイヅルソウ」
イワカガミ
磐梯山の花「イワカガミ」
ミツガシワにズタヤクシュ
磐梯山の花「ミツガシワ群生」磐梯山の花「ズタヤクシュ」
ミヤマキンバイとハクサンチドリ
磐梯山の花「ミヤマキンバイ」磐梯山の花「ハクサンチドリ」
山頂のバンダイクワガタ(一つだけです、見つけた人に教えてもらいました。)
磐梯山の花「バンダイクワガタ」

6月10日「磐梯山に行ってきました(^o^)v」

磐梯山から見た吾妻・安達太良連峰パノラマ(磐梯山山頂からの眺望 吾妻連峰~安達太良連峰)
磐梯山に行ってきました。
今回は6時間50分です。
けっこう、おしゃべりをしていました(^^;ゞ
それと足首の辺りがつるように痛い!
自転車は家の内外で毎日こいでいるのですが
歩くことが少ない!
磐梯山の登山道はゴツゴツしてることころも多いのでなおさら…
それと変に鍛えちゃってるので、ペースが速くなってます。
本当だったら、もっともっとのんびりなのに。
磐梯山 中の湯
中湯です。
まだまだ、緑が鮮やかです。
天気予報では気温が26度になっていましたが、標高が高いせいか暑くはありませんでした。
結婚される何十年も前にいらっしゃったことのあるご夫婦と途中までご一緒させていただだきました。
磐梯山「お花畑」バイトさんたちと登るときは、ぺちゃくちゃおしゃべりをしながら登りますが
登山中に出会った人とお話をしながら登ることはありませんでした。
やっぱり、楽しいですね♪
とにかく、天気がいいです!
今日も月山まで見えました。
いくぶんか雪が少なくなった様子、真っ白だった飯豊も尾根づたいに黒い部分がかなり増えています。
猪苗代湖が意外とすっきり見えていました!
磐梯山山頂から猪苗代湖
ひょとしたら、いままでいちばんにイイ猪苗代湖?
以前の日記で比べてみてください。
キレイに撮れないので載せてないかもしれませんw
ミヤマキンバイが綺麗な磐梯山山頂
透き通る青空と頂上です。
まだまだ、ミヤマキンバイがあちこちに咲いています。
座る場所に困るくらいw
バンダイクワガタは、まだでした。
あと一回、バンダイクワガタを見に来ようと思っています。
このあとは雄国沼かな(*^_^*)

磐梯山に登ってきました(^o^)/

磐梯山登山
天気がよいので磐梯山に登ってきました!
5月中に昇るのは初めてかもしれません?
裏磐梯も5月だと言うのに、暑い日が続いています。
雪も解けて、登山道も乾いているころです。
花には早いかもしれませんが登ってきました。
あと、今回の目標は途中でぺちゃくちゃとおしゃべりをしていないで、さっさと登って帰ってくること。
磐梯山登山道入り口磐梯山登山入り口 八方台駐車場目標は5時間!(それでも遅いw)
出発9時30分(八方台駐車場)
下山15時30分
6時間ですねw
おしゃべりを控えめにして、山頂のお昼寝を端折って、2時間半早く帰ってきました。
月山を眺めながらの朝食です。
月山、解りますか?
目ではクキリと見えるのですが、写真だと…
画像をクリックすると大きくなります。
裏磐梯を眺めながら朝食磐梯山から月山
やはり花はまだ早かったようです。
イワカガミ 磐梯山5月 磐梯山 5月 イワカガミのつぼみ
一輪だけ咲いているイワカガミを見つけました。
あとはつぼみです。
マイヅルソウもつぼみでした。
ミツガシワは咲き始めていました。
バンダイクワガタは、まったく見かけませんでした。
さくらも咲き始めてます。
ムラサキヤシオ(つつじ)はきれいに咲いていましたが、散り始めています。
ミヤマキンバイは、たくさん咲いています。
磐梯山 5月 ムラサキヤシオ
磐梯山 5月 ミヤマキンバイ
山頂でお昼ご飯
磐梯山山頂この時期の磐梯山山頂は太陽が出ていれば、暑くも寒くもありません。
心地よい風が吹き抜けて、虫も寄り付きません。
昼寝をしたくなります。
(昼寝をするときは靴を脱いだ方が良く眠れます)
←休んでいても退屈なのでネトゲーやってます。
磐梯山山頂は電波大丈夫です(各社確かめたわけではありません)
よく家族にケータイで無事を知らせる電話をかけています。
おじいさんがお孫さんに電話をしている様子なんて、微笑ましかったです。
磐梯山山頂から猪苗代湖 磐梯山山頂お昼ご飯
磐梯山山頂からの猪苗代湖の眺望は逆光のせいか、かすんでしまいますね。
↓これはリゾートスキー場から見た猪苗代湖(たぶん、すぐ下です)
今年になって気がついたんですが、磐梯山本峰にかかっているスキー場はリゾートだけだったんです。
猪苗代湖
↓これ!標高が書き換えられています。
磐梯山標高1816m
何年か前の測量で磐梯山の標高が実際より3m低かったそうです。
地元では「イマイク(1819)」とか言って、標高を覚えたそうですが…
1816mになってしまいました。
磐梯山 下山
山頂からの下山で足がちっぴりきました
くるぶしの上とふくらはぎが痛い。
筋肉がほぐれたら、すぐに良くなりましたが運動不足??
自転車を漕ぐのとは、山登りは違いますね。
花については、別にブログします。
磐梯山 ブナ林

山頂にバンダイクワガタがたくさん咲いていました(磐梯山)

磐梯山 パノラマ1
今日(26日)は予報で大きな晴マークがついていたので、早起きして磐梯山でした。
先日と違い真っ青な空、真っ白な雲が少しばかり流れていきます。
きょろきょろしながら歩くのですが、中の湯のあたりでマイヅルソウに出会いました。
このあたりのイワカガミの花は終わりが近づいているようです。
ミツガシワの群生も、ちょっぴり元気が無い。
一昨日あたりが天気もよく、花も盛りだったかもしれません。
磐梯山マイヅルソウ磐梯山 イワカガミ
お花畑のミヤマキンバイはそれなりでしたが、写真に撮って黄色く染まるほどじゃないかな~。
磐梯山 お花畑磐梯山 ミヤマキンバイ
磐梯山 ミヤマキンバイ
今日は空気が澄んでいるのか、景色がクキリと見えます。
午前中は朝日連峰の右に月山も見えていました。
でも見晴らしが良いと、高所恐怖症のカレワラにはちょっと辛いっ
ところどころで足がすくみます
磐梯山から月山
(雲にまみれて解りづらいです、クリックして大きな画像でご覧ください)
磐梯山 登山道磐梯山 沼の平
(22日の登山道の画像を上から見たところ 右側の崖を覗き込むとこんな感じ)
ハクサンチドリが咲いていました。
ここには4株ほどありました。
ちょうど崖の際っ
あまり近づきたくありません
磐梯山マイヅルソウ磐梯山 ハクサンチドリ
山頂です。
磐梯山山頂お弁当お弁当をひざの上に乗せていると、強い日差しでズボンが暑いです。
でも、体などは涼やかですごしやすいです。
お昼寝日和っ
でも、今日はちょっぴり人が多い~
頂上で20人以上がお弁当を食べています。
落ち着かないので寝ずにそのまま下山っ
頂上にはバンダイクワガタがいっぱい咲いていました。
岩陰にあったり、気をつけていないと踏んづけてしまいそう~
かわいい花ですね。
8時20分に登り始めて、下山が16時4分
ほぼ8時間っ
花の写真を撮ったり、おしゃべりしたり、お弁当もゆっくり
カレワラは登山も時間がかかります~
磐梯山 バンダイクワガタ磐梯山 バンダイクワガタ
磐梯山 バンダイクワガタ磐梯山 バンダイクワガタ
磐梯山から猪苗代

磐梯山に登ってきました(^o^)v

磐梯山
昨日は磐梯山に行ってきました。
天気予報も良さそうなのでお弁当を作って出発っ
そろそろ、花が咲き揃うころです。
磐梯山 お弁当
中ノ湯を過ぎて銅沼が覗き込めるところでいつも朝ご飯です。
セブンで豚汁も買ってきました。
冷たい風が強く吹き始めて、空模様も変わってきます。
雨が降りそう
背中のほうに木が生い茂っているので、風をよけてくれてゆっくりおにぎりできました。
あったかい豚汁がうれしい。
磐梯山 おにぎり
ここは登山道からそれて、眺望ポイントになっています。
みんな景色を眺めながら休んでいきます。
「そこに見えている沼が五~」
違うと思います。
「こっちが西?あの湖はいなわ~」
ぜんぜん違うと思います。
ということでカレワラの眺望解説が始まります~~
磐梯山
でも、時々目もあわせてもらえないときもあります。
カレワラっジーンズにTシャツだったりするんです。
ジーンズで登山してはいけません!
雨が降ったら足の自由が奪われます。
といっても、カレワラは天気の悪いときに出かけません
磐梯山山頂
山頂で降っちゃいましたぁ。。
とりあえず、上着をレインウェアに着替えて、ジーンズはそのまま様子見です。
磐梯山も森林限界を超えているので、雨風をさえぎるものはありません。
容赦なく吹き付けてきます。
結局、ジーンズまで着替える必要はありませんでした。
からといって、あまりよろしくありませんね。
マナーに欠けます。
カヌーをやっていた頃にはいろいろと持っていたんですが、たぶんどこかにあるはず?
磐梯山 ブナ林
花は、まだちょっぴり早かったようです。
つぼみをいっぱいつけていました。
来週あたりでしょうか?
去年の25日の磐梯山ブログ
そろそろ雄国のニッコウキスゲの時期です。
雄国のカテゴリーはこちら
磐梯山 マイヅルソウ磐梯山
( マイヅルソウ : イワカガミ )
磐梯山 ミツガシワズタヤクシュ
( ミツガシワ : ズタヤクシュ )
磐梯山 ミヤマキンバイ磐梯山 ミツバオウレン
( ミヤマキンバイ : ミツバオウレン )
磐梯山 バンダイクワガタ磐梯山 オダマキ
( 小さいけど山頂のバンダイクワガタ : 小屋の近くのオダマキ )
磐梯山 ハクサンチドリ( ハクサンチドリ )

磐梯山に行ってきました(花の季節です)

梅雨の季節の中、晴れの予報がやっとやってきました。
前日のスーパームーンも、晴れた空に煌々と輝く月を見ることが出来ました。
さて、今行かないと後はわかりません。
すでに6月24日です。
花の季節は後半にさしかかっていると思います。
櫛ヶ峰
(隣の頂上の櫛ヶ峰です)
なんとか、お弁当を用意して8時20分に八方台登山口です。
登り始めるとマイヅルソウ。
中の湯のあたりでは、イワカガミ。って、今になって花の盛り?磐梯山 マイヅルソウ磐梯山 イワカガミ
ほんとうに良いときに来ました。
磐梯山の楽しみの一つ、ミツガシワ。
ミツガシワ畑になっていました。
磐梯山 ミツガシワ畑磐梯山 ミツガシワ
いつも休む銅沼がきれいに見えるところでは、開いた花に伸びたおしべが滑稽で楽しいムラサキヤシオツツジ(たぶん)が綺麗に咲いていました。
磐梯山 銅沼(あかぬま)
ほかにもズタヤクシュやユキザサ、ツマトリソウなど、見ごろです。
磐梯山 ズタヤクシュ磐梯山 ヅタヤクシュ
磐梯山 ユキザサ磐梯山 ツマトリソウ

タニウツギにウラジロヨウラクです。
磐梯山 タニウツギ磐梯山 ウラジロヨウラク
これはクルマムグラ?クルマバソウ?
磐梯山 クルマムグラ?クルマバソウ?
山頂につくと11時40分?
磐梯山山頂ご飯んっ、八方台から3時間半??
いつもの事ながら、カレワラはペースが遅いっ
まずは山頂で猪苗代湖を眺めながらお弁当です。
はい、今日も調理師の自分が作ってきました。
山頂にはミヤマキンバイが群生しています。
カレワラのお尻の横にもキンバイ、お尻やザックでつぶさぬように注意しています。
磐梯山山頂 ミヤマキンバイ
そして楽しみにしていた。
バンダイクワガタが山頂にも咲いていました。
可憐でかわいらしい花です。
あっノコギリの角のあるクワガタではありません。
磐梯山固有種の山野草です。
磐梯山山頂 バンダイクワガタ
帰り道はお花畑経由です。
弘法清水で一休みしました。
ずっと気になっていたのですが、磐梯山から月山が見えるんです。
スマホでグーグルマップ起動して調べてみました。
やっぱり、あれが月山かな
ところが小屋のお兄さん?の話によると鳥海山まで見えるすです。
(それまで鳥海山は月山に隠れてしまうと思っていました)
磐梯山から月山
それとオダマキソウと言うのを教えてもらいました。
てか、とっても見事ですけど、つまりオダマキですよね。
磐梯山 オダマキソウ
バンダイクワガタいっぱい咲いているだろうと思い猪苗代のコースにちょっと下りてみました。
丸い石に足を取られてペコリっ尻餅をついてしまいました。
変に足をネジって足がつる~
痛いくて動けないけれど、ハクサンチドリが咲いています。
磐梯山 ハクサンチドリ
やっと立ち上がって、つま先を地面に押さえつけます。
レンゲツツジが綺麗です。
磐梯山 レンゲツツジ
下った道を戻り、お花畑へ。
下らなくともバンダイクワガタはいっぱい咲いていました。
この画像は今回のお気に入りです。
可憐な雰囲気が出ていませんか?
磐梯山 バンダイクワガタ
お花畑はたくさんのミヤマキンバイ。
磐梯山 ミヤマキンバイ畑
そしてこれ?
ミヤマキンバイの中にひょっこりと咲いていました。
はじめてみました。
磐梯山 チシマフウロ磐梯山 チシマフウロ
(チシマフウロ?)
またまた、のんびり下山して八方台の駐車場についたのが15時50分です。
じつに7時間半も磐梯山をうろうろしていました。
普通なら5時間かな

磐梯山からカレワラを探してみました

カレワラから見えるんですから、磐梯山からカレワラも見えるはず。
あそこにあるなぁ。。と思って、双眼鏡で確かめたりしていました。
ひょっとしたら過去の日記でやってるかもしれません。
今回も探してみました
カレワラ付近を拡大した画像
磐梯山からペンションカレワラ拡大
全体からの位置、右上が小野川湖です。(クリックして大きくして見てください。)
磐梯山からペンションカレワラ

磐梯山ハイキング

磐梯山パノラマ
登って来ました。
目的は山頂昼寝と、バンダイクワガタです。
磐梯山1
頂上付近も桜が満開です。
照りつける陽射しは強いのですが、風があってのどか~
山頂お昼寝日和でした
まずはお弁当。
磐梯山お弁当フェイスブックのコメントに「だれが作ったのかしら?」とコメントがありました。
これくらい自分で作ります。
とりあえず、調理師ですから~
ちょっと作りすぎたようでした。
おなかいっぱい、残してしまいました。
さて昼ねっ
岩の並び具合や凸凹具合を、よく吟味して自分にあった寝床を探します。
よしよし、腰の辺りに岩が当たるのですが、それとなく気持ちがいいです。
靴を脱いで…
すると黒い影がカレワラに近づいてきます。
そして登山用のストックを振り上げて
カレワラっ刺される
「なに寝てんだよ
ヴァンブランの市塚さんでした。
山頂でしばらくぺちゃくちゃ世間話をして、いっしょに下山。
弘法清水山小屋弘法清水の市塚さんが山小屋の方をご存知でした。
市塚さんといっしょにコーヒーをご馳走になって、ぺちゃくちゃ世間話。
(以前の方はやめてしまったようです。パンを持ってくるといって、約束を果たせませんでした。)
左*小屋の方 右*怪しい人が市塚さん
お昼寝は出来ませんでしたが、やっぱり8時間くらい山にいました。
時間かかり過ぎっ
楽しいから良いんですけど

裏万歳のカレワラ・ガイド#4

アルバイトの裏万歳です。8月24日(金)は磐梯山登山に挑戦しました。三日前に吾妻山神社の荒れ山で疲弊し、筋肉痛がまだ残っていたけれど強行です。

6:30オーナーの車で八方台登山口まで送ってもらい、登攀開始。この登山路は一番ラクで短い、二時間強の登頂コース。登り始めも朝の爽やかな森林が続く。
30分ほどで中の湯という元温泉旅館の廃墟に到着。建物には進入禁止の綱が張ってあるが、手前の硫黄泉はまだ生きていて、足湯をどうぞの看板もある。
更に一本道を登り、やや急登な箇所もあるも、よく整備された安全な山道が続く。

1時間あまりで「弘法清水」と「お花畑」の分岐標識に出会う。この時期お花はあまり咲いてないと聞き、弘法清水に直行する。
道幅はやや狭くなるが、途中で桧原湖や吾妻山系を眺める眺望にも恵まれる。30分ほどで弘法清水とその前で営業する売店に出る。弘法清水がうまいです。
ここから頂上は更に30分ほど。平日で人が少なく、草木のない岩場の山頂をほぼ独り占め。トンボの大群の中で午前の昼寝を満喫する。

11:00売店まで戻り、火口をめぐる下山路の状況を確認して下山する。左手の火口は絶壁、右手の野原は高山植物で、どちらも綱を張って進入できないようにしてある。
私は左の綱を越えて火口を覗きこむ。黄色い火口はペンションからも見える方角なので、下から望遠鏡で眺めれば私のへばりつく姿が見えただろう。
途中、猪苗代や渋谷登山口へ下りる登山客と別れたため一人きりになり、火口を臨む岩の上で静かに昼寝。マイ・マウンテンを堪能。

登頂があまりにラクだったので体力が余り、思わず立入禁止の櫛ヶ峰に登ろうかと思った。こちらは左右が絶壁の岩山で、一応登山道が踏まれた跡がある。突風が吹くと滑落しそうなので断念。
川上・裏磐梯スキー場方面の下山路は次第に狭く急になり、雨が降ると水が流れて通行不能になるタイプ。なのでここは下山路としてしか紹介されていない。

川上方面とスキー場方面の分岐を過ぎてスキー場方面を進むと、ちょうどヘビイチゴの時期で大量の赤いイチゴを捕食する。あまりにおいしいので、夢中で森へ分け入り、顔を上げたらクマに遭遇してもおかしくないくらいだった。
スキー場に出ると後方にいま登ったばかりの裏磐梯と櫛ヶ峰を見上げることができる。下界はやや暑い。
かなりゆっくり登ったので14:00頃五色沼の西側入り口へ到着し、物産館で「サルナシ」の生ジュースを注文した。450円。なんとも表現しがたいフレッシュジュースでした。サルナシは真空パックでも販売されてます。珍味です。